世にもめずらしいくろーん患者!?

アクセスカウンタ

zoom RSS 護身術体験

<<   作成日時 : 2008/12/04 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


今日はまたまたPTAの対外活動で、スクールガード(護身術)講習会に参加してきました。

最初の警察の人の話もそこそこに、すぐ体験が始まりました。
講師は少林寺拳法の先生が10人程。
いかにも鍛えてます!な人から、見た目には普通のサラリーマンまで、全員黒帯の方でした。

まずは体をほぐす体操をしたのですが、この時点で既に腰が痛くなる情けない運動不足ぶりに、参加を深く後悔しました。

で、いきなり受け身の説明があり、やってみろと言われるのですが、よく分かりません。
もう適当。
転んだ時など危険な目に遭った時に受け身で流すと、怪我の程度が全然違ってくるから、普段から意識しておくといいそうですが、無理だよ〜

それから攻撃された時の受け流し、力を入れずに相手をひるませる方法、有効な反撃…などなどの説明、体験がありました。
見本をみてもよく分からず、近くに来た先生に聞きながらやりましたが、慣れてないから結構難しかったです。

それなりにちゃんと出来るなら役に立つんでしょうね。
でも私のような軟弱が下手に反撃したところで、逆に相手を怒らせて、命が危険になるだけだな
と真面目に思いました。

でも前から護身術に興味はあったから、体験できて良かったです。
それに一人でバスで行ったのですが、たまたま隣りにいてペアを組んだ方がうちの学校の先生で、
(今年入ってこられた先生で担任でもないから全然分かってませんでした…)
帰りは車に乗せていただけてラッキーでした。

先生方の見本は凄くかっこよかったです。
自分は全く無理だけど、子供に習わせたい
とか思ってしまいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、心配蘇生法と護身術には興味があって(笑)、心肺蘇生はもう3回くらい体験したのですが、護身術ってなかなか習えないですよね〜。

受け身って大事なんですね、私は身体が硬いから絶対に打ち所が悪い人になるはずです…><

全然知らないよりは勉強になったのではないですか!?私も機会があったら絶対!!
Reny
2008/12/05 13:23
心肺蘇生は私も体験したことがありますが、あれはなんか恥ずかしいですね。
真面目に・・と思っていても、人形に大声で「大丈夫ですか!!」と聞いたり、息を口移しにしたり。
で、頑張った挙句に「口移しは病気が移る可能性もあるから実際はやらないで下さい」・・・・そーかいなって^^;
受け身は眼で自分のおへそを見るようにして回るといいそうです。
梧桐
2008/12/05 16:53
大学の時、バイト帰りに後ろから痴漢に抱きつかれて、横の土手を転がり、犯人ごと畑に落ちたことがあります。頑張って叫ぶことが出来たので、犯人は逃げて、私も特に被害はなかったのですが、護身術でも習っていたらもっと相手を痛めつけてやれたかも。でも相当訓練をつまないと、とっさのことだと体が動かないどころか、声も出ないんですよねー。最近は物騒だし、ぜひ子供さんには叫ぶ練習だけでも!!
ネルソン
2008/12/05 22:23
なんて危険な出来事が!!!!!
何もなくてほんとに幸いでしたね!
護身術はおっしゃるように普段からやってないと、どうにもならないばかりか、中途半端にやって相手を刺激したら余計に危ないと思います。
まあ私の場合、受け身とはどんなものなのかを知っただけ知識が増えてよかったかと
梧桐
2008/12/06 22:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
護身術体験 世にもめずらしいくろーん患者!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる