世にもめずらしいくろーん患者!?

アクセスカウンタ

zoom RSS ハードすぎるんじゃない?

<<   作成日時 : 2009/05/06 20:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


ご無沙汰しています。

今年のゴールデンウイークは去年と同様に私は家で過ごしました。
去年は役員の仕事で疲れすぎて、とても旦那の実家で気を使って過ごせないからでした。
でも今年は上の子の部活があったからでした。
(旦那と下の子が旦那の実家に行きました)


上の子は色々悩んだ末に吹奏楽部に入りました。
まだ楽器は決まってないので、体力作りや校歌を覚えたり、色々な楽器を試してみたりしているようです。
毎日充実しすぎてかなりお疲れな模様。
帰宅するとえらく機嫌が悪いので大変です。

まあそれはいいのですが…


吹奏楽部は文化系部の中では一番ハードだと思うのですが、ここの部は忙しすぎと思います。
なにせ土日も必ずといっていい程練習があります。
私が中学生の時は土曜は学校があったので当然部活はありましたが、日曜はお休みでした。

それを大目にみても、ゴールデンウイークに完全オフ日が1日しかないのには流石になんなの!?と思いました。
というか思いませんか?

野球部の市選抜試合の応援…はまだ分かります。
それ以外に演奏会を聴きに行くのが2回。
それも一つはちゃんとした服装で聴くような大きなホールでの演奏会で、入場料と交通費を合わせたら結構な金額。
そして他校との合同練習(弁当持ち8〜6時)


聞くところによれば顧問の先生は今年新しくやってきた方なのですが、吹奏楽協会の役員だそうで。
で去年までより練習熱心になってるとか。
いやもう練習熱心すぎですよ!


たかが中学生に何を求めているんでしょうね…
旦那もまだ楽器も決まってない一年生にこれは異常だと言っています。
部活をやっているわけでもない私がその内切れて、先生に文句を言いに行くかもしれません。
そうしたらモンスターペアレンツなどと言われるのでしょうか…(--;)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
吹奏楽部って、運動部並みにハードだってイメージありますよ。
うちの中学校は吹奏楽部が強かったので、平日も早朝練習+放課後遅くまで練習、休みももちろん練習に出るのが当然な状態だったようです。
運動部でもないのに、体力作りって走らされたりもしてましたしね〜。
(私はそういうのはゴメンなので最初から入りませんが(笑)、脱落者も多数でした。)
先生の方針でしょうが、やっぱり上手くなるには練習時間がたくさん必要なのかもしれないですね…。

ちなみに、息子の小学校にも吹奏楽部があって、息子は高学年になったらやってみたい!って言ってるんですけど、私的には、自分1人で頑張るんなら良いかな、と。
少年野球みたいに、親も出て行かなきゃいけないようなのは嫌です(笑)<あくまで自分本位なもんで^^;

結局は、本人次第じゃないですかね〜?
Reny
2009/05/07 10:34
何だかハードそうですね。
休みなしでこんなに熱心にやっても、上達するものなのかな、なんてことも思いますが、毎日の練習は必要なのかな?高校ではやってますけどね。先生も休みなしで平気なのかと不思議に思います(教員は基本的に休日手当はありません)。

息子が行く予定の中学校、全校生徒が少ないので、部活動の種類自体が少ないらしいのですが、全員入部しなければならないとの話を聞いて驚きました。
何せ文化部も含めて試合だ大会だに関わるものばかりなので、そちらと同様、日曜もないような話だったのですもの。
のんびりゆったりできる部活がないなんて、おかしいと思うのですが、そうでもしないと人数が確保できず、試合(大会)にも出られなくなるんでしょうね。
例外はスポーツクラブなどに入っている場合。そちらの練習や試合を優先させてくれるので、部活に入らなくてもいいらしいのです。何だかそれもおかしいような気が…。

でもそんな抜け道があるなら、息子は休みの日はモトクロス場でバイクの練習がありますからとでも言って、入らなくても済むように交渉しようかな?とも思ってます。
きおねこ
2009/05/07 16:38
ぼくは野球部でした。練習はハードでした。先輩後輩の縦社会でもあるし、しかし同級生は共に戦った同志です。
要は本人が好きか嫌いかだと思います。3年間やり遂げるという「覚悟」が必要です。途中でやめるかどうかわからんのであれば早く別の道を探すべきと思います。
「覚悟」を覚えるだけでもこれからの人生にとってすごく大きなプラスですし、覚悟ができれば我慢もできます。3年間やり遂げたときには大きな自信になると思います。
がんばれ!青春は一度しかない。
pants
2009/05/08 10:15
Renyさん
ありがとうございます!
自分がやっていた吹奏楽部とつい比べてみてしまうのがいけないのかもしれません。
日曜は休みの上に体力作りもほとんどなくてそこは楽でした。
だから下手くそでコンクールでもろくな賞が取れなかった・・・のかどうかはよく分かりませんが

小学校のサッカーや野球クラブはほんとに親が大変みたいですね。
家族全体の予定がクラブに合わせていかなきゃならなくなるようです・・
私もそれが嫌で、子供がたまにクラブのプリントをもらってきて「やりたいなー」と言っても、避ける方向で話を進めます(ひどい話かも・・
梧桐
2009/05/08 11:01
>きおねこさん
毎日の練習はもちろん大事だと思いますが、旦那曰く「先生が土日も休みが無いなんて公務員として変じゃないか?」と。。
確かにそう考えるとそうなんですが、きっとボランティアというか自分の情熱をかけてやっておられるんでしょうね。
実は最初はバトミントンにすると言っていたの子供なのですが、顧問の先生が部活至上主義(家族の予定を優先したら後々白い目で見られる)なことや、体育の先生なのですがかなり厳しいようで、それが嫌で吹部に変えました。
でも結局はどちらに入っても同じような気がしてます。

息子さんバイクの練習をしてるんですね。
目指せ家族でツーリング!(カッコ良いな〜)
梧桐
2009/05/08 11:11
>pantsさん
有難うございます。
そうなんですよね。
結局親が何だと言ったところで、やるのは本人、頑張るのも本人で、私は弁当づくりぐらいしか出来ません。
帰宅後のストレス発散でこちらがむかっとくることも多々ありますがなるべく大きな目で見守れたらと思います。
生活サイクルの急激な変化や今までになかった部活・・・どちらかと言わなくても新しいことには尻ごみしがちな子供なんですが、いろいろと頑張ってほしいです。
梧桐
2009/05/08 11:19

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ハードすぎるんじゃない? 世にもめずらしいくろーん患者!?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる